世界一周第10レグ LOTポーランド航空に初搭乗。一応スターアライアンスだが・・・ LO282 20191028

世界一周

■フライト情報(時差1時間)

出発空港: イギリス・ロンドン(ヒースロー)空港 10時25分発

到着空港: ポーランド・ワルシャワ(ショパン)空港 13時55分着

運賃:11420円

便名:LO282

世界一周航空券とは別組で確保したLOTポーランド航空のフライト。

同日のヒースロー→ショパンの飛行機を調べてみると、イギリス本拠のブリデッシュ・エアウェイズは20000円以上掛かるのに対し、このLOTポーランド航空は半額近く安い値段での設定。

当初はイギリスとポーランドの物価価値の差でその差が生まれているのかと思ったのですが。。。

それ以外にも安い理由をこの目で知ることになりました・・・。

ロンドン地下鉄・Underground

ロンドン市内からヒースロー空港への行き方はいろいろあり、

鉄道だけでもパディントン駅からノンストップで結ぶヒースロー・エクスプレス、同区間を4・5駅停車するTFLオーバーグラウンドとありますが、今回はTAPカードを持ち、ロンドンの地下鉄事情に慣れてきたところだったため地下鉄・ピカデリー線での移動を選択。

前者2つに比べると停車駅は多く時間は掛かりますが、最寄り駅から深く考えることなく空港に向かうことができ、とにかく安いのがメリットに感じます。

LOTポーランド航空は第2ターミナル。2、3は同じ駅に併結されています。



ヒースロー空港・第3ターミナル周辺

ロンドンの朝日も空けてきました。

ヒースロー空港の郵便局は7時半(このときはサマータイムで8時半)から

途中ヒースロー空港から郵便を使いたかったため、第3ターミナルへ向かいましたが。

ひたすらTerminal2の案内に沿って徒歩!
クイーンズターミナル(ターミナル2の入口)の案内が見えてきました

その道中には。

ターミナル3から2へ向かう道中にはロンドン塔などロンドンを代表する建物がたくさん描かれています!

出発時でもロンドンの思い出が脳裏に出てきそうです。


レベル2(3階)に上がって出発カウンターへ。

LOTポーランド航空はB

とても大きいヒースロー空港。

ターミナル2では主にスターアライアンスの就航会社が並んでいますが、

ANAはD

A・Bの組とC・Dの組は全く別物という形になるらしく。

Bのカウンターからチェックインを済ませ保安検査を通ると、C・Dの航空会社とは隔離されます。

この時点でも大分日本を離れていたため、せめて全日空の機体だけでもと思ってましたがそんな事情があるとは知らず。

ターミナルの中にターミナルがある感じ。さすがは世界最大規模のロンドン。広すぎます!!

チェックインカウンターへ

そんなわけでBのチェックインカウンターへ。

スターアライアンス専用というだけあって後ろのスターアライアンスの広告が目立ちます!

このBの階層も結構深く、カウンターは2面式です。

チェックインを済ませると、とても目立つスターアライアンスGOLD TRACKから入場できます。

イギリスにはスターアライアンスの就航会社はありませんが、こういうところを見るとスターアライアンス各会社が協力してひとつの巨大ターミナルを形成している意欲が伝わって来ます。

持ち込み禁止物の案内。こう綺麗に並べてあるととてもわかりやすい。






ヒースローでは出国審査はとても簡易的。ゲートにパスポートをかざし、写真照合を取るだけで出国審査完了となりました。

出国審査を抜けると案内板が。ここだけでもルフトハンザ、PlazaPremium、ユナイテッド、シンガポール、エアカナダの5つのラウンジがあります。

これだけあれば悩むくらいかもしれません。

うち、後ろの3つはターミナルBと出国審査のゲートからは離れた拠点にあるラウンジ。

ツリーの装飾があります!
ゲート案内板
(搭乗するポーランド航空は一番下から2番目)
ルフトハンザラウンジ

到着が早すぎてゲートがどこになるか確定していなかったのでとりあえず最も近いルフトハンザラウンジへ。

日差しが良好!朝日が入り込みます!

ここで食べたジューシーなソーセージの美味かったこと!!



PLAZA PREMIUM

待ち時間も長かったのでもうひとつ入ったのがPLAZA PREMIUM。

ここに限ってはスターアライアンス管理ではなく、PRIORITY PASSを渡して入場する形になります。

こちらでは宿泊施設も兼ねそろえているのだとか。

ボリューミーでバリエーション豊富な食事と和をイメージしたような部屋。

バーもあり、食べつくすならこちら! という感じでしょうか。

双方ともなかなか良いラウンジでしたので、是非別途で記事を作成したい!!

A19に並ぶ列

Gateshown9:40とありましたが、遅れに遅れて実際ゲートがわかったのは10時。

ターミナルもBからAに変わり、A19となりました。

Bは遠いので助かったといえばたすかりましたが。。。

Bのターミナルも見たかったのでなんだか複雑。







レーンがわかれておらず、特にそれらしいアナウンスがないので優先搭乗ができないかと思いましたが・・・。

スターアライアンスゴールドは自己申告で優先的に入れます。なんだそれは((+_+))

待機するB737

機材はB737機。ANAでは国内線でよく使われるタイプですね。

自席

座席は3-3編成。ポーランド航空のイメージカラー青を基調とした座席ですね。

一応前方にビジネスクラスはあるのですが、シート間隔が少し広いだけで同様の3-3編成でした。

若干エコノミーの席間隔は狭め
機内には安全のしおりと冊子1冊でした
機内ビデオはなく、救命胴衣の案内はCAさんが直々に行います

国際線で機内ビデオがないのも短距離路線だからでしょうか。

そして離陸体制へ。スターアライアンスの航空会社もちらほら見かけますが、実際滑走路に到着するとBAの航空機を本当によく見かけます。

その多さは日本での全日空や日本航空の比になりません。足してもまだ多いんじゃないかというくらい。

経済大国イギリスでフラッグキャリアを受け持っている勢力の強さを実感させられます。

いくつも確認できるBAの車両基地

そして離陸!ヒースロー空港上空から眺めるロンドンの眺望。

大きな建物が多数あり、国の経済の強さを実感します!!

X字に交ざる飛行機雲

だんだんとその町並みは小さくなり、雲の上の世界へ。

雲海

しばらくすると海上に。ユーロスター車内ではなかなか気づかなかったですが、グレートブリテン島が確かに島国であることを実感させられます。

それにしても輝かしい朝日です!

LOTポーランド航空就航路線①
LOTポーランド航空就航路線②
LOTポーランド航空就航路線③

この辺りで機内誌を確認。

ヨーロッパ中心にポーランド航空がよく就航していることがわかりますが、日本への就航はなし。

通りであまり話を聞かないわけだ

アフリカにはまったく就航してないにもかかわらず、モーリシャスだけあるというのはなかなか意外。

機内食

そしてポーランド時間で12時ごろ。機内食が配られました。

しかし、配られたのはアップルパイ一つとドリンクのみ。

一応ラウンジである程度食べてはいたのでお腹が空いていたわけではなかったのですが、国際線でこれか・・・と。

昼過ぎに到着するフライトでしたので、残念な気持ちになりましたね。。。

スターアライアンスの航空会社がこれなのか…と。

もっと所要時間が長い路線ではまた違うのだとは思いますが。

食後のチョコレート

一応?食後ということでチョコレートも。

あれを食事と言って良いのかわかりませんが(汗)




曇り空に向けだんだんと高度を下げていくと・・・。

ポーランドの街並みが!

同じ欧州でも建物のつくりも大分変化を感じ取れます。

ワルシャワは1つのブロックに同じ形式の建物をまとめて建築しているケースが多いですね。

そして滑走路が見えてきたところで。

無事着陸。

もともと出発も20分遅れていましたが、到着はさらに遅れて40分遅れになりました・・・。

LOTポーランド航空の航空機が並んでいます

ヒースローのBAとくらべると大分少ないですが、LOTの塗装を見てポーランドに来たことを実感します。

そしてEUの入国審査へ。特に質問などはなくすんなり入国できたのですが・・・。

スタンプはなぜかパスポートの最後のページに。

なぜそんなことをするのでしょうかね(;_;)

おかげでドイツでのEU出国の際、審査官がとても困ってました・・・。

混雑するワルシャワ乗り継ぎエリア

その後、再度国内線用の手荷物検査を受け、クラクフ行の飛行機に乗り継ぎます!




今回はここまで!

ここまで読んで頂きありがとうございました。
世界一周開始に伴い、世界一周西回りのランキングに参加。
無事帰国できましたのでその体験談を述べていこうと思います。
1クリックが励みになります!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(西回り)へ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました