SFC修行第42レグ&世界一周第1レグ 世界一周への第一歩 NH885 20191005

世界一周

三角飛びフライトを終えた後は、9月4日に仙台伊丹ANA734便(積算PP994)の搭乗、

9月23日に羽田広島プレミアムクラスANA683便(積算PP1435)の搭乗、同じく9月26日に広島羽田ANA690便(積算PP621)の搭乗、9月27日に成田名古屋便(積算PP289)の搭乗を主に私用での搭乗を行ってきましたが、

それらは時間があれば後筆しようと思います。。。

今回の搭乗記は。

この時にご紹介したクアラルンプール発東京経由ニューヨーク行往復航空券の最終章。

クアラルンプールから発券したということは、最後のフライトもクアラルンプールに戻る日程で組まなければなりません。

ならば、私はそのままクアラルンプールからの世界一周航空券を発券しようと。

今回のSFC修行最大の航空券の終止符と同時に、世界一周へ最初の道のりとなります。

■フライト情報

出発空港:東京・羽田空港 23時30分発

到着空港:クアラルンプール国際空港 6時00分着

運賃:48,492円(支払った総額に対して距離で割った金額)

獲得PP:5407

PP単価:8.97

便名:NH885

空になった家の冷蔵庫。

約2か月の間家に不在となります。

あまり綺麗な状態ではありませんが、家内のブレーカーを落とすために冷蔵庫内を完全に空にした状態で出発。

浜松町経由で羽田空港へ。

途中、こんなポスターを発見。

さいしょの一歩を、いっしょに

マイナビのポスターではありますが、今さいしょの一歩を踏み出そうとしている自分にはとても感慨深い広告でした。

そして羽田空港国際線ターミナルに到着。

夜中の羽田空港もほとんどのカウンターが稼働。

慌ただしい様子が見受けられます。日本をしばらく離れる自分にはこの光景が寂しく感じます。

羽田空港国際線ターミナルで出国前に知人と入ったEXPASA羽田。

PASAのレストランほどたくさんのメニューを取り扱っているわけでありませんでしたが、一杯飲むには十分でした。

羽田空港国際線ターミナルって第1第2のような安価で寛げる場所というのがちょっと少ないんですよね(汗)

ANAチェックインカウンター

そしてANAのカウンターへ。

このクアラルンプール発ニューヨーク行き往復航空券は自由に航空券の搭乗日付を変更できるタイプのものだったのですが、どうしても10月5日に出国したく。

この便への先約のプレミアムエコノミーの方が大勢いたようでプレミアムエコノミーは満席

ビジネスであればこの便に出来るということでさらにマイルを使ってアップグレードを選択しました。

今考えれば貴重な第1歩だったのでしっかりアメニティが付き、疲労を溜めにくいビジネスにしておいて良かったのかもしれません。

出発ゲートに到着!

優先保安検査場

羽田空港の保安検査場へ。

国際線の保安検査は一層厳しく、検査場はとても混みあいます。

羽田空港にはGOLD TRACKがなく、あるのはこの優先保安検査場のみ。

優先保安検査場の条件はかなり厳しいです。

ファーストクラスの場合は問題なく通れますが、それ以外は利用航空会社と手持ちの上級会員が一致していることが前提。

つまりビジネスクラスを非上級会員で搭乗してもダメですし、

シンガポール航空のビジネスクラスをANA上級会員で来ても利用できません。。。

1月の中国国際航空ビジネスクラス搭乗の際も断られました。

今回はANAプラチナ会員且つANAの便に搭乗するので利用できましたが。。。

これほどビジネスクラスが冷遇される空港は世界的に見ても少数なのではないでしょうか。

夜が更けたANAラウンジに入場し、

最後の日本の様子を。

1月、初日の出とほぼ同じタイミングで見た空港とはまた全然異なる印象を受けます。

そしてゲートへ。

深夜便になると早く搭乗してひとやすみしたいところなのですが。

さらに遅れてしまっているようですね。。。

B787-9機

国際線の主翼機のひとつ、B787-9機が待機しています。

クアラルンプール行き搭乗券

搭乗時間になりました。世界一周に向けて貴重な第一歩となる搭乗券。

これを抱えていざ出国!

ボーディングブリッジが分岐!
6K席

ニューヨーク線でも搭乗したスタッガード式のビジネスクラス。

このタイプのビジネスは1-2-1編成で窓際でも出やすいから良いですね。

辺りを見渡すと、私のほかの搭乗者は近くにいないようでした。

プレミアムエコノミーは満席なのでこちらも気になってはいたのですが、意外にもビジネスは空いているんですね。

そして去りつつあるTokyo International Airportの文字。

本当に日本最後なんだなと涙が出そうになりましたが、ぐっと抑えました。。。

離陸。辺りは真っ暗です。

ANA SKY CHANNELでは10月の看板映画としてTOY STORY4がピックアップ。

細かい紹介ページも設けられていました

そうなると・・・。

つい見てしまう自分!

・・・でも今思えば日本最後なんだからここで邦画を見ておけばなーと後悔しています(汗)

バズライトイヤーの所ジョージの吹き替えが結構好きなのですが、日本語版は対応していませんでした。

左手側にリクライニングのボタンが。

グーンと席が倒れ完全にフルフラットの状態になります。

これができるから全日空のプレミアムクラスは凄いですね!

アメニティ―は日本の和をイメージした包袋に梱包。

中を開けるとこのようにアメニティが整っていました。

雪肌精の化粧品があったニューヨーク線とは比べると、化粧品までの用意はない様子。

まあ朝着いちゃいますもんね。

ブランケット
クッション

ちょっとわかりにくいですが、ブランケットやクッションも標準装備。

フルフラットが腰に辛い場合、さらにクッションで下に敷くことができるんですね。

メニュー表を開くと。

まず1枚目に「本日もANAにご搭乗いただきありがとうございます」と一言とともに下に輝かしい称号のマークが。

和食に対するコラムも!

本当にメニューが充実しています。国内線プレミアムクラスで1種類しかなかった日本酒や焼酎が2種類になり、さらには梅酒が追加され。

シャンパン・白ワイン

シャンパンも一新。白ワインや赤ワインに関しても国内線プレミアムクラスとは違う品目で2種類に増えてますね。

驚いたのがカクテル! 頼めばこんなものも作ってくれるとは!!

こういう品目を出せるとは、全日空のビジネスのCAさんは相当な努力をしてきたのではないでしょうか。。。

アミューズといつでもOKな食品

深夜となるので機内食がどうなるのかなと思っていましたが、アミューズが出る形とのようで。

アミューズと白ワイン

さつま芋のニョッキとスモークサーモンを選択。

通常国際線だと離陸1時間後くらいに機内食が出ますが、遅い時間帯ですのでこのような形になるのも納得です。

せっかく追加で食べれる食事があるならと一風堂のラーメンを追加で注文。

深夜のラーメンはあまり身体によくないとわかってはいるのですが、ANA機内食一風堂のラーメンは美味しいとの評判で!

味噌の味がすごく濃かったのを覚えています(汗)

合わせて日本酒の出羽桜も注文。

日本酒もしばらく飲めないだろうと思うとつい。


さあ食べ終わったので就寝だ。

・・・といきたかったのですが。

世界一周が始まるという刺激でアドレナリンが強く出てしまったのか全く眠ることができず。

もう1本映画を見て気を宥めることにしました。。。

ニューヨークのブロードウェイでも見たアラジンですね。

こちらも今年公開されたばかりですがしっかり収録されています。

そして迎えた朝。日本最後の食事なんだからもちろん和食だろうと思い和食を選択。

ごはんは俵状で包んで出てきました。

本当に出来立てのような温かさ!これがビジネスの味なのでしょうか!?

味噌汁までどこにでもあるようなインスタントとは違い、塩の香りが強い立派なお吸い物が出てきました。(味噌汁を開け忘れてましたね(汗))

食べ終わるとクロスが片付けられ、これで終わりかなと思いきや

最後に一杯「お飲み物はいかがですか?」と聞いてくださいました。

緑茶もしばらく飲めないだろうと緑茶を選択。

ANAのCAさんは本当に気配りがうまいですね。

最後にビジネスクラスの御手洗いへ。

御手洗いもビジネスクラスとプレミアムエコノミー以下は完全に隔離されているので混むことはありません。

ビジネスの搭乗客は少なかったのでほとんど使用中のサインは出てなかったように感じます。

そして驚いたアメニティ

ここにも置いてくれているのかと!

歯ブラシセットにマウスウォッシュ、ボディシートが置いてあります。

これなら清潔な状態で入国できますね・・・!

洗面台はウェットタオルとティッシュペーパーが。

この洗面台もとても綺麗です。使うたびにCAが清掃しているんじゃないかと思うくらいです。

そして飛行機は間もなくマレーシアへ。。。

世界一周航空券の発券に気が付いたCAさんから最後に小袋のプレゼントをいただけました・・・!

中にはANAのポストカードやアメニティも。

御手洗いにしかないボディシートやマウスウォッシュも封入してくれていました。

この先も本当にお気をつけてください・・・LAXでCA一同お待ちしています」と。

またしてもここで涙が出そうでした。

そして着陸。改めて機内ビデオの「THANK YOU FOR FLYING WITH US」を見ながら機外へ。

羽を休むB787-9機

見慣れたANAの機材もしばらく見ることはないでしょう。

そう思いながらマレーシアの入国審査へ。。。

世界一周、最初の経由国。マレーシアへやってきました。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
世界一周開始に伴い、世界一周西回りのランキングに参加。
無事帰国できましたのでその体験談を述べていこうと思います。
1クリックが励みになります!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(西回り)へ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました